Post Free Ad

歯の列がまばらである

Posted by - 09.14.2019, 08:12 PM

歯の結石は必ず専門の手段を通じて(通って)一掃しなければならなくて、例えば衛生治(俗称は歯を洗います)、かすめ取って治療しますと根の面が平らですなど。口の中の衛生的な自己維持と専門的な清潔は歯茎の出血の治療作用に対して同様に重要で、欠かせません。歯の結石は歯を磨くことができないため、もし良好な口腔衛生習慣がないならば、歯は更にきれいに洗ってもすぐに新しい歯の結石ができます。

つまり、歯茎から出血するのは怖くないです。歯茎の出血がないのは世界保健機関が制定した口腔健康基準の一つです。健康生活を追求し、「歯」から始めましょう。
歯が不揃いで、また間違った顎奇形とも言われています。子供が成長発育の過程で、先天的な遺伝要因や明後日の環境要因によって、例えば病気、口腔の不良習慣、歯の異常などによる歯、顎骨、頭蓋面の奇形を指します。形態位置異常など。
https://www.shikasale.com/category-108-b0-%E6%AD%AF%E7%A7%91%E3%83%9B%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E6%A9%9F%E5%99%A8.html
歯の列がまばらである
歯の間にできる隙間のことです。一般的にこの現象を引き起こす原因は、歯の形が小さく、あごの骨の形が正常であること、先天的に歯が欠けていること、あごの骨の形が正常であること、歯の形が正常であること、あごが大きすぎること、歯を抜いた後に歯を入れないこと、近距離の中に歯がずれて隙間が生じることなどです。歯の列のまばらな特徴は歯の量が小さくて、骨の量は正常です;あるいは骨の量が大きくて、歯の量は正常です;あるいは歯の量が小さくて、骨の量が大きいです;あるいは柔らかい組織の要素。

歯が込み合う
間違った顎の奇形の中で最もよく見られます。60~70%の錯体奇形患者の中には混雑が見られます。歯が混んでいて、ずらりと並んでいないと表現できますが、歯が込んでいる虫歯や歯周病ホワイトニング機器の発生率は正常に配列されている歯より高いです。ひどい人は唇が閉じにくくなり、唇が開いて歯が出るようになります。歯の列の混雑は単純混雑と複雑混雑に分けられます。
https://www.shikasale.com

Website: shikasale.com

Location: london, CQ, United Kingdom

© 2019 HUB LLC | About Us | Policy | Terms Of Use | Blog
comodo ssl